うつ病で孤独感が強い時の対処法。

うつ病やその他の精神疾患にかかっている人でよくある症状の「孤独感」。

おそらくこれは病気が原因で孤独感がより強く感じるのでしょう。

自分でも「誰だって人は孤独を感じて生きている」と頭でわかっていても、孤独感で不安になります。

病気か改善されたらこの孤独感もマシになると先生は言っていたので、今は仕方ありません。

でも耐えられないぐらいの孤独感をそのままにするのは少し難しいので、自分なりの対処法を教えます。

 

頓服の安定剤を飲む

いきなり薬に頼るの!?と思うかもしれませんが正直これが一番効果ありました。

しかし気をつけなければ行けないのは突発的にくる孤独感はこれで対処できると言うことです。

しかし慢性的な孤独感は薬を増やしても緩和するのが難しいように感じます。

その場合は他の方法をオススメします。

SNSに頼る。

誰にも会いたくない!

でも何か吐き出したい!

でもあまり知られたくない!

でも孤独感を消したい….。

そんな時はブログをオススメします。amebaブログはてなブログ・ ツイッターなんでもいいのですが人と繋がる事で孤独感は少し消えます。

心の体験フォーラムと言う場所もあります。

 

友達か家族に連絡。

家族や友人に連絡してみるのも「孤独感」を消す方法の一つです。

会うとなれば体力も入りますし、体調も悪い事があるのでまずは連絡してみることをオススメします。

連絡を取り合うだけで、孤独感が薄れることもあります。

打ち明けられない友人、家族がいない場合はメンタルクリニックのデイケアなどで同じ症状をもつ人と話してみると言うのもいいでしょう。

外に出かけてみる。

精神疾患の方の外出は簡単ではありません。(自分もずっと引きこもっていました)

ですが回復期には少しずつ外出もできるようになってきます。

自分の個人的な体験ですと、家に閉じこもるより外出する方が孤独感は薄れます。体力は入りますが気持ちの変化はあります。

家にいると、自分のことしか考えられない状況になって、内へ内へ感情がいき悪循環になるのだと思います。

外出できない方は無理にしなくても大丈夫ですが、できる方は散歩などオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です