どんな時に精神科に行けばいいの?

精神科ってどんな時に行けばいいの?

そう思うことありませんか?

「単純に疲れた」「少し眠れない」「なんとなくいつもと違う」

こんなことで受診してもいいのか戸惑いますよね・・・。

結論から言うとどんな症状でも大丈夫です。ただし、

 

  • メンタル以外の病気や外傷の場合は診てくれない
  • 薬が欲しいだけは断られることがある

↑こういった場合はよく断られたりします。↑

 

 

メンタル以外の病気や外傷

発熱などのウイルス性を伴う病気の場合は精神科では対応できないので、まず内科や耳鼻科にかかりましょう。

それでも原因がわからない頭痛やめまい、イライラ、倦怠感などが続く場合は精神科を受診します。

薬が欲しいだけでは断られる

自己診断で強い抗うつ薬抗不安薬をもらうことはできません。あくまでもお医者さんの治療計画にしたがって薬が処方されます。

なのでいきなり強い薬を要求したり、うつでもないのに抗うつ薬などの特定の病気に対する薬はもらえません。

またオーバードーズの危険性もあるので大量には貰えず、日にち分のみとなります。

具体的にどんな症状の時に行けばいい?

  • 眠れない
  • 精神的にしんどい
  • ゆううつ
  • イライラする
  • いつもと違う感じがする
  • 食欲減少・過食
  • 性欲減退
  • 対人恐怖
  • 不安感

 

症状はこれだけではありませんが何か精神的にしんどく、不安、やる気が起きないというときに行くのがいいのかと思います。

違うかも?と思っていても行ってみるべき!

例えば

「戸締りが気になり何回も確認してしまう」といったことは誰にでもあることです。

これは性格でもあり強迫性障害でもあります。この場合難しいですよね・・・。

「たかが戸締りで程度で精神科に」と思うかもしれませんが度を越えるとやはり受診した方がいいと思います。

なので病気と違うかも?と思っても行ってみてもいいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です